水道修理の評判を左右するスタッフの存在

水道の工事と一言でいっても、配管なのか排水工事なのか、どの部分かによって対応できる会社が異なったり、必要な資格が違ったりします。水道 工事を行う業者は、有資格者を有していなければならず、スタッフの中に複数名資格を持った人が必要になります。工事を行うスタッフが、しっかりとした資格を持っていて実績も豊富なら、評判も良いので安心です。

■工事に欠かせない資格

国家資格で工事に欠かせない資格の一つは、給水装置工事主任技術者です。こちらは給水装置工事にかかわる技術面の指導が行えたり、設置後の管理を行えたりする資格です。
下水道関連の資格は各都道府県で試験が実施され、下水道排水設備工事責任技術者という資格を取得する必要があります。下水道は排水設備の工事の指定工事店しか施工できないことになっています。この資格は、指定工事店に任命されるために不可欠といえます。

■日本水道協会が主催する資格

この他に、水道施設管理技士と呼ばれる資格があります。1級、2級、3級があり、3級は初任者講習などを受講することで取得をすることが可能です。その後、引き続き1級に向けての勉強を行っていく人が多いです。試験は年に1度開催され、1級や2級はどれくらい実務に携わっているかも受講資格の一つに含まれています。合格し、認定された技術者が登録を行うことで、正式に有資格者と認められます。また資格取得後、4年ごとに講習会などを受講することで、新しい知識や工事関連の法改正についての知識を更新できるようになっています。

■まとめ
水道 工事は、国家試験を含め様々な資格が関係しています。業者として、上記の資格を複数有さないと行えない工事があります。スタッフが難度の高い資格を取得している専門知識を持った人達なら、安心して工事を依頼できます。こうしたスタッフの評判もチェックしておくと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ